トータルソリューション事業所

鉄鋼制御システム

自動車をはじめとした様々な産業製品に用いられる鉄鋼製品を製造する鉄鋼制御システムでは、高度なコンピュータ制御システムが導入されています。
トータルソリューション事業所では、熱間圧廷制御システムをはじめとした各種鉄鋼制御システムのシステム設計から現地調整までの一貫したソフトウェア開発業務を行っています。

熱間圧廷工程

熱間圧廷工程は、加熱された鉄・ステンレス・アルミのスラブ(鋼片)を圧廷機で圧廷し、厚さmm〜十数mmの熱廷コイルに仕上る設備です。熱廷コイルはそのまま出荷されたり、次工程へ送られ冷廷・めっき鋼板や鋼管に加工され、自動車や鉄道車両、家庭電気製品などさまざまなところで使われています。

熱間圧廷工程

厚板圧廷工程

厚板圧廷工程は、加熱されたスラブ(鋼片)を圧廷機で圧廷し、厚さmm〜百数十mmの厚板鋼材を製造する設備です。それら厚板鋼材は船舶、橋梁、産業機械、海洋構造物などに使われ、それぞれに高い鋼材精度、強度信頼性が要求されます。

厚板圧廷工程

冷間圧廷工程

冷間圧廷工程は、シングル圧廷機またはタンデム圧廷機を使用し、酸洗された圧廷コイルを常温で潤滑油を用いて、所定の厚さまで圧廷する設備の総称です。圧廷機には2Hi、4Hi、6Hi、12Hi、20Hi圧廷機、ゼンジマー圧廷機などの種類があり、各種形状制御機能を備えています。

冷間圧廷工程

▲ページトップへ戻る

プロセスライン工程

プロセスライン工程は、熱間圧廷工程や冷間圧廷工程で製造されたコイルを最終製品に仕上げるために、酸洗・焼鈍・めっき・塗装・切断などをおこなう設備の総称です。

プロセスライン工程

形鋼圧廷工程

形鋼圧廷工程はH鋼などの建築用鋼材やレールなどを生産する工程です。鋼片を圧廷成形する圧廷ラインと、成形後の鋼材を、冷却、集積、強制、切断、検査、仕分け、結束の精製ラインから構成されます。

形鋼圧廷工程

▲ページトップへ戻る

線材・棒鋼圧廷工程

線材は、ピアノ線やばねに用いられる細くて長い線状の鋼材を生産する工程です。棒鋼は棒状の鋼材で建築用材や産業機械に用いられます。線材圧廷機では、鋼材仕上げ速度が100m/secを超える高速圧廷が行われるため、これらのラインにおいて高精度制御を実現するためには、制御遅れのない高速処理性能を持った制御システムが必要になります。

線材・棒鋼圧廷工程

▲ページトップへ戻る

システム構成

上位計算機、鉄鋼計算機、制御PLCの連携により、各圧廷ラインの制御システムを実現しています。

システム構成

▲ページトップへ戻る