MCR Staff 社員紹介

時代の流れを読み取りながら、未来のエネルギーについて考える。

仕事の基本はココから

チャレンジ精神を失うことなく常に新鮮な気持ちで仕事に取り組むようにしています。
自分のスキルアップのため、難易度の高い仕事にも積極的にチャレンジするように心がけています。

STAFF INTERVIEW

Episode1 仕事内容生活に欠かせないシステムの基盤を設計する。

大容量モータードライブ装置や、太陽光発電や風力発電用のパワーコンディショナーといった、パワーエレクトロニクスの制御ハードウェア・ソフトウェアの開発をしています。私は入社以来、大容量モータードライブ装置の制御ハードウェア開発を担当しています。

  • 仕事内容イメージ
  • 仕事内容イメージ

Episode2 MCRの魅力プロフェッショナルが揃う職場だから、自分も成長できる。

生活に密接した社会インフラに関われるところが大きな魅力だと思います。そのため、幅広い技術と知識が必要ですが、社内にはそれぞれに精通した技術者が揃っています。そのため、その人たちから刺激を受けて日々成長ができます。分からないところがあれば先輩が丁寧に教えてくれる環境のため、技術も取り入れやすいです。設計の重要段階では、上司や先輩に確認してもらい、アドバイスもいただけるので難しい案件でも安心して取り組めます。

  • 仕事内容イメージ
  • 仕事内容イメージ

Episode3 やりがいを感じるとき緊張感のある仕事で、やりがいを実感。

入社4年目の頃、とても大きな開発を任せていただき、同じ職場でお客様と一緒に約半年間作業をする機会がありました。お客様から直接寄せられる要望に応える大変さはありましたが、何とか無事に対応できたことは大きな自信につながりました。
開発開始から製品出荷まで長い時間を要する仕事ですが、設計した制御基板ができあがると非常にうれしく、全ての開発工程を完遂して無事に製品が出荷できたときはやりがいを感じます。私が担当している大容量モータードライブ装置を使用している製鉄所の圧延ラインを見学したときは、その迫力に圧倒され感動しました。

やりがいを感じるとき

Eisode4 今後の課題・目標幅広い仕事に対応するため、さらなる技術を習得していく。

入社直後の目標は、ハードウェア設計のプロフェッショナルになることでした。当時は分からないことも多かったですが、上司や先輩から教えてもらいながら、技術を磨けました。 今後はハードウェア設計だけでなく、ソフトウェアやシステムの設計にもチャレンジしてスキルを向上させたいと思っています。将来的にはパワーエレクトロニクス制御全般の技術を取得し、時代の流れに沿った最適な制御システムを設計することが目標です。

就活中の学生へ、一言メッセージ

やる気とチャレンジ精神があれば、この仕事を楽しめると思います。私が現在担当している電子情報の分野は、学生時代の自分の専門分野とは違いますが、向上心さえあれば技術がきちんと身につく環境です。

OTHER STAFF

※本WEBサイトに掲載されている情報は取材時時点のものです。

TOPへ