MCR Staff 社員紹介

女性も男性も、自分らしく働いています。

仕事の基本はココから

はじめて自分で開発した製品を、お客様に使用していただけたときの感動は今でも忘れられません。誰かの役に立つものをつくれる。幸せな仕事です。

STAFF INTERVIEW

Episode1 仕事内容ものづくりの楽しさを感じる毎日です。

私が担当している製品は、自動車の車両情報をナビへ通知したり、カメラ映像をディスプレイに表示させるための変換ボックスです。ナビやオーディオのように人が直接操作するものではありませんが、それぞれの機器同士をつなぐ役割を担っている製品です。業務範囲は、設計・製作・試験まですべてを行っています。まだまだ学ぶことばかりですが、内部構成がどうなっていて、どういうふうに動いているかなどを知るたびに、ものづくりの楽しさを感じる毎日です。

  • 仕事内容イメージ
  • 仕事内容イメージ

Episode2 MCRの魅力みんなで成長していける環境です。

MCRの一番の魅力は、一人の社員をみんなで育てる環境が整っていること。1年目の配属時には車載機器に関する知識がゼロの状態で不安もありましたが、教育主任をはじめ、周囲の先輩方が時間をさいて丁寧に教えてくださり、研修では課全体でサポートしていただきました。そうして自分が教えてもらってきたからこそ、私自身も新しい仲間のために協力したいと考えています。はじめは不安でも、すぐに職場に馴染んで、楽しく仕事ができる環境だと思います。

  • MCRの魅力イメージ
  • MCRの魅力イメージ

Episode3 仕事のやりがいより良い製品づくりのために、どの工程も重要です。

今では設計・製作・試験までを一貫して担当していますが、入社2年目までは試験のみを担当することがほとんどでした。試験では、製品が期待通りの動作をするか、ひたすらボタンを押したり、画面の確認などを何度も行います。正直、単純作業の繰り返しに疲れてしまうこともありました。しかし、この試験という工程も、お客様に製品を快適に使用していただくためには、なくてはならない重要な役割です。一つひとつ厳密に確認し、不具合を洗い出し、改善するからこそ、良い製品が世の中で活躍できる。自分で担当した製品が、今日もどこかで使われていることを思うと、あらためてこの仕事にやりがいを感じます。

仕事のやりがい

Eisode4 今後の課題・目標人の役に立つ製品をつくり続けます。

今はまだ設計や製作の経験があさく、学ぶことがたくさんあります。なので今後の目標は、“一人前の技術者”と胸をはって言えるようになること。そのためには、日々の業務で経験を積み、独力で設計ができるようになることが必要です。さらに5年後には、後輩たちに技術的なアドバイスができる、頼られる存在になりたいと考えています。そして、もっと多くの人の役に立つ、より良い製品をつくり続けていきたいです。

就活中の学生へ、一言メッセージ

MCRには、自分の仕事に誇りや責任をもって取り組んでいる方がたくさんいます。
経験がなくても「ものづくりがしたい!」という意欲のある人には、成長できる環境だと思います。一緒に仕事ができる日を、楽しみにしています!

OTHER STAFF

※本WEBサイトに掲載されている情報は取材時時点のものです。

TOPへ